きのこ一覧



キノコごとに健康効果や栄養価をチェック。

ランキングだけでなく、栄養素ごとに絞り込み検索することができます。

 

絞り込み検索リセット


 

 

きのこ一覧記事一覧

マイタケ(舞茸、重菰、学名: Grifola frondosa、英: Hen of the Woods)は担子菌門トンビマイタケ科のキノコ。食用として馴染み深いキノコである。中国語名は「灰樹花」「舞磨vなどと呼ばれている。h2>マイタケの栄養や健康効果マイタケ(舞茸、重菰、学名: Grifola frondosa、英: Hen of the Woods)は担子菌門トンビマイタケ科のキノコ。食用とし...

シイタケ(椎茸、香蕈、学名:Lentinula edodes、英語:Shiitake, Shiitake mushroom)は、ハラタケ目-キシメジ科に分類されるキノコである。異説では、ヒラタケ科やホウライタケ科、ツキヨタケ科ともされる。h2>シイタケの栄養や健康効果シイタケ(椎茸、香蕈、学名:Lentinula edodes、英語:Shiitake, Shiitake mushroom)は、ハラ...

ブナシメジ(?占地、?湿地、学名:Hypsizygus marmoreus)はシメジ科シロタモギタケ属のキノコ。分布は北半球の温帯以北、日本国内では北海道から九州にかけて自生。h2>ブナシメジの栄養や健康効果ブナシメジ(?占地、?湿地、学名:Hypsizygus marmoreus)はシメジ科シロタモギタケ属のキノコ。分布は北半球の温帯以北、日本国内では北海道から九州にかけて自生。美肌キノコとして...

エノキ(えのきだけ、エノキタケ)・(榎茸、学名:Flammulina velutipes)は、タマバリタケ科のキノコの一種。子実体は古くから食用とされ、エノキダケ[1]、ナメタケ、ナメススキ、ユキノシタ[1]とも呼ばれ、特に食用のものについてはしばしば「えのき」と縮めて呼称される。h2>エノキの栄養や健康効果エノキ(えのきだけ、エノキタケ)・(榎茸、学名:Flammulina velutipes)...

エリンギ(学名: Pleurotus eryngii)は、ヒラタケ科ヒラタケ属のキノコの一種である。子実体は食用とされる。軸が太くて肉質は緻密で、弾力に富んだ歯ごたえが良く[4]、食感はマツタケや加熱したアワビによく似るとされている。h2>エリンギの栄養や健康効果エリンギ(学名: Pleurotus eryngii)は、ヒラタケ科ヒラタケ属のキノコの一種である。子実体は食用とされる。軸が太くて肉質...

キクラゲ(木耳、木蛾、学名:Auricularia auricula-judae)は、キクラゲ目キクラゲ科キクラゲ属のキノコ。春から秋にかけて、広葉樹のニワトコ、ケヤキなどの倒木や枯枝に発生する。主に日本、中国、台湾、韓国などの東アジアやミャンマーなどで食用とされている。また、中米のベリーズでは、マヤ系先住民族のモパン族が食用とする2種のキノコのうちの一種である。h2>キクラゲの栄養や健康効果キク...

なめこ(滑子)は、モエギタケ科スギタケ属のキノコの1種。日本、台湾などに分布する。食用で味噌汁やそばの具、おひたし、炒め物をはじめとして、加熱を伴う料理に多用される。傘の開ききっていない小さなものはツルツルとした喉越しが楽しめる。傘の開いた大きなものは直火焼きなどで香りとシャキシャキとした歯ごたえが楽しめる。ぬめりが乾いた状態では、天然のエノキタケに似る。h2>ナメコの栄養や健康効果なめこ(滑子)...

「占地」あるいは「湿地」とも書きます。日本には食用キノコを評して「香りマツタケ、味シメジ」という有名な句がある。ここで言うシメジとは上記1.のホンシメジのことである。ホンシメジは、生きた木の外生菌根菌であるために栽培が非常に困難であり、ほぼ天然物に限られ稀少なため高級品とされる。句に言う通り、ホンシメジはグアニル酸、グルタミン酸、アスパラギン酸などのうま味成分に富む。h2>シメジの栄養や健康効果「...

霊芝(レイシ、Ganoderma lucidum (Leyss. ex. Fr.) Karst)はマンネンタケ科の一年生のキノコで、形態は系統により様々に変化する。肉質はコルク質様で表面はニスがかけられた様な光沢がある。別名万年茸(マンネンタケ)、霊芝草(れいしそう)。薬用植物。h2>霊芝の栄養や健康効果霊芝(レイシ、Ganoderma lucidum (Leyss. ex. Fr.) Karst...