キクラゲ

キクラゲ

キクラゲ

キクラゲ(木耳、木蛾、学名:Auricularia auricula-judae)は、キクラゲ目キクラゲ科キクラゲ属のキノコ。春から秋にかけて、広葉樹のニワトコ、ケヤキなどの倒木や枯枝に発生する。主に日本、中国、台湾、韓国などの東アジアやミャンマーなどで食用とされている。また、中米のベリーズでは、マヤ系先住民族のモパン族が食用とする2種のキノコのうちの一種である。

h2>キクラゲの栄養や健康効果
キクラゲ(木耳、木蛾、学名:Auricularia auricula-judae)は、キクラゲ目キクラゲ科キクラゲ属のキノコ。春から秋にかけて、広葉樹のニワトコ、ケヤキなどの倒木や枯枝に発生する。主に日本、中国、台湾、韓国などの東アジアやミャンマーなどで食用とされている。また、中米のベリーズでは、マヤ系先住民族のモパン族が食用とする2種のキノコのうちの一種である。

免疫力

豊富なビタミンDだけでなく、しっかりβグルカンも摂れるので、免疫機能が高まることを期待できますね。
参考:きくらげの栄養素などの特徴や栽培工程、やみつきレシピの紹介


 
 

キクラゲの栄養素

  • カロリー【167kcal】

  • 炭水化物(糖質)【71.1g】

  • たんぱく質【7.9g】

  • 脂質【2.1g】

  • 食物繊維【57.4g】

キクラゲのビタミン

  • ビタミンA【0μg】

  • ビタミンB1(チアミン)【0.19mg】

  • ビタミンB2(リボフラビン)【0.87mg】

  • ビタミンB3(ナイアシン)【3.2mg】

  • ビタミンB5(パントテン酸)【1.14mg】

  • ビタミンB6【0.1mg】

  • ビタミンB9【87μg】

  • ビタミンD【85.4μg】

  • ビタミンC【0mg】

  • ビタミンE【0mg】

キクラゲのミネラル

  • ナトリウム【59mg】

  • カリウム【1000μg】

  • カルシウム【310μg】

  • マグネシウム【210mg】

  • リン【230mg】

  • 鉄分【35.2mg】

  • 亜鉛【2.1mg】

  • 銅【0.31μg】

  • セレン【9μg】


まとめ

高血圧、むくみの方に心強いカリウム。免疫力につながルビタミンDなど、キノコのの栄養バランスが良く、生活習慣病が気になる方におすすめ。

※栄養価は100 gあたり



キノコごとに健康効果や栄養価をチェック。

ランキングだけでなく、栄養素ごとに絞り込み検索することができます。

 

絞り込み検索リセット